2007年04月30日

70000HIT

いつの間にかしていましたので、報告しときます。

70000.jpg
ラベル:70000
posted by ギターの痔瘻 at 10:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 携帯待受 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

順位の安定期か

1761位という順位です。
頑張るぞー。
ラベル:1761
posted by ギターの痔瘻 at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 現在の順位 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無駄な趣味だったと・・・

がちゃがちゃ、かーどだす。

本当に今考えると、こんな無駄なことはなかった。しかし、これが私のコレクター魂の基礎を作ったのだった。

8ce594d182p.jpg
posted by ギターの痔瘻 at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

死刑制度を廃止しろ!

おもしろい、おばさんの談話です。

2007年4月27日 死刑執行に強く抗議する(談話)

社会民主党 党首 福島みずほ

1.本日、東京拘置所、大阪拘置所および福岡拘置所に収監されていた死刑囚3名に対して刑が執行された。社民党は死刑制度が人道と社会正義に反するものとして、その存置に強い疑問を呈してきた立場から、今回の死刑執行に強く抗議する。

2.今回の死刑執行は、1993年から15年連続となるものであり、長勢法務大臣としては昨年12月に続いて2度目である。連休のため国会審議が行われないことを見越して、同時に3名も執行した法務省の姿勢は、言語道断と言わざるを得ない。

3.1989年の国連総会で「死刑廃止条約」が採択されて以来、国連人権委員会でも「死刑廃止に関する決議」がなされ、死刑存置国に対して「死刑に直面する者に対する権利保障を遵守するとともに、死刑の完全な廃止を視野に入れ、死刑執行の停止を考慮するよう求める」とした呼びかけがなされている。今回の執行は、死刑制度の廃止に向かう世界の流れに逆行したものである。

4.死刑制度については国内外で大きな議論が起きていることを勘案し、制度の存廃や死刑に代わる措置など刑罰の在り方について国民的な議論を尽くし、その間、政府は死刑の執行を差し控えるべきである。社民党は、今後も死刑制度の見直しに全力を挙げて取り組む。

以上

ttp://www5.sdp.or.jp/central/timebeing07/danwa0427.html

この人は被害者の遺族の前でこういう演説が出来るのか?
偽善者の世界・・・。
posted by ギターの痔瘻 at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

お泊まりはしない

会社の男性社員(50歳)が飲み会でベロベロに酔っ払ってしまったので同僚二人で家までタクシーで送っていった。

奥さんが玄関先まで迎えに出て来て「もう電車もないし、あなたたちも泊まっていかれたらいかが?」 という有難いお申し出を断って、またタクシーで帰った。

翌日、その男性社員が午後になっても出勤してこないので「二日酔いじゃない?」と皆で笑っていたらなんと送っていった夜に奥さんに包丁で刺し殺されていた....。
新聞によると奥さんがノイローゼ気味だったらしい。
社内通達は「不慮の事故により」となっていたけど。

洒落にならんよ。
posted by ギターの痔瘻 at 17:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 怖い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あがったアガッタ

1583位まで上がった。
とても嬉しく感じる。
ラベル:1583
posted by ギターの痔瘻 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 現在の順位 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

美しさは罪



微笑みさえ罪・・・。
posted by ギターの痔瘻 at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | You Tube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

劣等生で充分ですか?

posted by ギターの痔瘻 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

順位はう〜ん

2102位です。
なかなか上位には食い込めません。
ラベル:2102
posted by ギターの痔瘻 at 06:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 現在の順位 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

そっくりさん

拾い画像。

himura.jpg
posted by ギターの痔瘻 at 18:54| Comment(1) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

向いてる方向は

何か良いものがあるのか、さて。

1177323481099.jpg
posted by ギターの痔瘻 at 19:23| Comment(2) | TrackBack(0) | いい顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カメラ目線

とあるカメラマンがなんの因果か自殺の瞬間をスクープしようというので有名なそのテの名所(とうじんぼうか?)に隠れて見張っていたそうです。
何日か過ぎ、粘ったかいあってかどうやらそれらしい人が現れました。
カメラマンは不謹慎にも内心、大喜びでした。
レンズを換え、ファインダーを覗き、その人の行動をみていました。
その人は勿論自分がこれからやろうとしてることがカメラに撮られるなど知るはずがありません。
絵に描いたような基本的な自殺前の心得(遺書とか)をしてその人はためらいもなく崖に飛び込みました。
カメラマンもプロですからチャンスは逃がしません。見事スクープを撮りました。
現像の段階でカメラマンは蒼くなりました。
普通、飛び降り自殺するひとは飛んですぐ気絶するんだそうです。
現像したその写真には気づくはずがない距離、存在なのにカメラ目線で、しかも二ィっと笑った顔で写っていたそうです。
posted by ギターの痔瘻 at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 怖い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

気持ちの悪い男

人それぞれ怖がるツボが違います。では、こんなのは・・・。


会社の近くの博物館に昼食を食べに出かけた。
博物館の中の喫茶店は、おいしいけどみんなに知られていないせいか、あまりこんでいないからゆっくり食べれるので、数回来た事がある。
いつもは、ロビーの近く席だけど初めて窓側の席に案内された。
席に座ると、視線を感じたので右側を見た。
ひとつ隣の席に暗い男がじっとこちらを見ていた。
顔は青白く、髪は顔の半分ぐらい覆いかぶさって表情ははっきり見えなかったが、こちらをじっと見ていた。
サイコみたいな感じでかかわりあいたくないので無視しようと思ったが、なんか気になるのでつい、チラチラ見てしまった。
相手は、こちらをじっと見ていた。
その表情は、何かおどおどしているようでもありなんだかこっちを小ばかにしている感じもした。続きを読む
posted by ギターの痔瘻 at 07:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 怖い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

美味しかった思い出・・・

 おとぎの国の・・・。

 しかし、モスクワの味って言うのも。

dcp0325.jpg
posted by ギターの痔瘻 at 21:49| Comment(1) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

条件

3人の兄弟が山登りに行って遭難した。
夜になって、「このまま死ぬのか?」と思ったとき、1件の民家が見えた。
助かったと思い訪ねてみると、その家には美人の娘と、めちゃくちゃ怖そうな親父が住んでいた。
「よそ者は泊めない」という親父を、「かわいそうだから」と娘が説得し、物置小屋に一晩泊めてもらう事に。しかし、その娘のあまりの美しさに目がくらんだ3兄弟は、夜中にトイレに起きてきた娘に襲いかかった。

しかしすぐに親父に取り押さえられ、「お前等、全員殺す!!」と日本刀を抜かれた。
だが3兄弟は土下座して必死に謝った。父親は、「ここは山奥で食料も少ない。
山から食料を持ってきたら、山のふもとへ抜ける裏道を教えてやろう」と、条件を出した。
3人はすぐに小屋の近辺を探した。

はじめに戻ってきたのは次男だった。次男は、山ブドウを持ってきた。
それを見た父親は、「それをケツの穴にいれて見ろ」と言った。
次男は言われるまま、1粒のブドウを自分のケツの穴に入れた。
そして次男は裏道を教えてもらい、無事山を降りた。

次に、三男が大きく実った栗を沢山抱えて戻ってきた。
父親は同じようにケツの穴に入れることを命じた。
三男は必死に頑張って、栗をケツの穴に入れ始めた。
もう少しで入るという所で、三男は何故か笑ってしまい、栗はケツの穴からいきおい良く飛び出した。
三男は、そのまま父親に殺された。

三男は見てしまったのだ。
嬉しそうに、スイカを抱えてこちらに走ってくる長男の姿を・・・
ラベル:怖い話
posted by ギターの痔瘻 at 05:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 怖い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

順位の確認

1754位です。
posted by ギターの痔瘻 at 05:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 現在の順位 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

私が代わりに・・・

 最近、怖い話に熱中しているギターの痔瘻です。
 今朝も、一本こんな話を・・・。

4〜5年前の話です。
高校生のころ通学途中にバスの中でほかの高校の女の子二人が
話してるのを聞いたんですが・・・。

その子が重病で入院してて、もう今夜が峠だろうという日があって、
親戚家族が病室に呼ばれてたんだそうです。
でも集まってる人はだれもその子のことなんか興味なさそうで、心配
なんかしていない中、その子のおばあちゃんだけが手を握って心配し
てくれて、必死になにか語り掛けてくれてたんだそうです。

と、いうところで目がさめて、結局夢だった と。

すると部屋の扉が開いて、お母さんが入ってきて、
「あぁ○○ちゃん 起きてたん? 今ね、病院から電話があって、お
ばあちゃんが死んだんだって。」
と、聞かされたそうです。

お母さんが出て行った後、変な夢見たよなーって夢のこと思い返して
みて、おばあちゃんが手を握って語り掛けてくれた言葉を思い出した
そうです。

「私が代わりに死んであげる」
posted by ギターの痔瘻 at 05:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 怖い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

公衆電話

 父親と2人暮らしの中学生のS君は、塾の帰り9時頃になると塾と隣りの雑居ビルの間の細い路地にある公衆電話から、父親の職場に電話をかけ、そして父親が迎えに来る、という生活を週に3〜4日続けていたそうです。

 ある日、いつものように父親に電話をかけ始め、呼び出し音が鳴っている最中、S君はコイン投入口のすぐ脇に、黒いペンキのようなもので塗りつぶされた後を見つけ、何だろう?と思い、家の鍵のキーホルダーで、少し削ってみました。 するとペンキの下には、文章らしき一部が出てきたそうです。「夜、電」と書かれていて、ここまで削った時に父親が電話に出たため、その日はそこで終わりました。

 それから、塾が休みだったり、また塾が終わって電話しても、すぐに父親が電話に出たりとそのペンキの下の文字の事など忘れかけてしまっていたある日、いつものように父親に電話をしましたが、なかなか出ません。
ふと、S君は以前、自分が削りかけていたペンキに気付きました。

 「そういえば、こんなのあったな」と思い、再びキーホルダーでガリガリと削ってみました。

 ペンキが徐々に削られていくと、その下には釘のような物で掘られた文章が出てきました。

 「夜、電話中に振り向くと」 ここまで削ったとき、父親が電話に出ました。父親と話しながら、S君は削り続けました。そして出てきた文章は・・・

 「夜、電話中に振り向くと シヌ」S君は凍りつきました。と、同時にどうしても振り向いて、これは単なるイタズラだと確かめ、安心したいという衝動に駆られました。 S君は息を飲み、ゆっくり、ゆっくりと振り向きました。

 次の瞬間、S君の父親が聞いたのは、受話器の向こうからのただならぬ息子の悲鳴でした。父親が急いでその路地に駆けつけると、半狂乱状態のS君がいたそうです。
S君は幸いにも命を落とす事はなかったのですが、全く口を利かない殻に閉じこもった少年になってしまったそうです。
ラベル:公衆電話
posted by ギターの痔瘻 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 怖い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おはようございます

当地方は、今日もいい天気。
さて現在の順位は、1528位です。
今日は、どうなるでしょうか。
posted by ギターの痔瘻 at 09:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 現在の順位 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

どっちをお向きですか?

1176846486518.jpg

 いい顔は、いい。
ラベル:いい顔
posted by ギターの痔瘻 at 09:07| Comment(1) | TrackBack(0) | いい顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。