2009年05月16日

福岡高裁 被告人に懲役20年を言い渡す

危険運転認め懲役20年 3児死亡事故 福岡高裁一審破棄 飲酒の影響指摘

 福岡市で二〇〇六年、飲酒運転で多目的レジャー車(RV)に追突し海に転落させ、
幼児三人を死亡させたとして、危険運転致死傷と道交法違反(ひき逃げ)の罪に問われた
同市元職員今林大(ふとし)被告(24)の控訴審判決が十五日、福岡高裁であった。
陶山博生裁判長は業務上過失致死傷罪などで懲役七年六月とした一審判決を破棄、危険運転罪を適用し、
懲役二十年を言い渡した。求刑は懲役二十五年。被告本人は出廷しなかった。 

 幼い三人のきょうだいが亡くなったこの事故は、飲酒運転根絶の世論を高め、
道交法改正による罰則引き上げや飲酒運転への同乗罪新設など厳罰化が進むきっかけとなった。
陶山裁判長は「当時も飲酒などによる危険な運転が社会問題化していた。
撲滅が求められていた社会情勢を考慮すると厳しい非難を免れない」と指摘した。

 今林被告の弁護人は「到底納得できず、上告する」とのコメントを出した。


 >>今後を注視したい。


posted by ギターの痔瘻 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(1) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

管轄裁判所 福岡高裁
Excerpt: おかしいよ、福岡高裁両親パチンコ中に2歳児事故死、「店にも責任」賠償命じる(読売新聞) - goo ニュースどうなってるんだ、福岡高裁は。従業員が幼児の面倒を見ると伝えていたというが、お客の両親の頼み..
Weblog: Youtube動画最新ニュースwin
Tracked: 2009-05-31 21:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。