2006年06月15日

保護権

場所は西バージニア州の遠く離れた小さな山村。年老いた登山家とそのうら若き妻が離婚をするということで、地元裁判所にいた。

問題は子供の引き取り権だった。妻はさっと立ち上がり、子供を産んだのは自分なのだから子供の引き取り権は当然自分にあると、裁判官に主張した。

旦那も子供の引き取り権を望んでいた。裁判官は、彼の主張を述べるよう求めた。長い沈黙の後、旦那はゆっくりと椅子から立ち上がり、こう言った。「裁判官、25セントを飴玉の販売機に入れ、飴玉が出てきたとします。その飴玉は私のものですか、それとも販売機のものですか?」

女性蔑視ですが ランキングに参加しています。よろしくお願いします。
posted by ギターの痔瘻 at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカンジョーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。