2007年11月29日

ヨン様主演の歴史活劇が歴史歪曲し放題で韓国学会も騒然

ヨン様主演の歴史活劇が歴史歪曲し放題で韓国学会も騒然
11月28日13時0分配信 COURRiER Japon + hitomedia

韓流スター、ペ・ヨンジュンが主演するドラマ『太王四神記(テワンサシンギ)』を巡って、韓国の歴史学者たちが憂慮を示している。いくらドラマでも、史実とかけ離れすぎているという意見が多いようだ。
東北アジア歴史財団のキム・ヒョンスク研究員は「ペ・ヨンジュンが演じる広開土大王(クワンゲトデワン)が治めた4世紀の高句麗(コグリヨ)は、中央集権制が完成され、王の権力が非常に強かった時代。ドラマのように貴族が王よりも多い兵を抱えているというのはありえない」と語る。
ほかにも「ドラマのモチーフとなっている4つの神『青龍』『白虎』『玄武』『朱雀(鳳凰)』の信仰は中国で発祥したもの。これが古朝鮮建国時代からあったという設定は、高句麗文化が中国伝来のものであると主張する中国側の歴史修正によい口実を与える」「高句麗と対峙していた新羅(シルラ)を矮小化しすぎている」という指摘もされている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071128-00000000-cou-int


 くだらん。


posted by ギターの痔瘻 at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。