2006年07月16日

トムクルーズは好きだけど

ミッションインポ・・・は見に行かない。
俺は、こっち派だー。

mission_impossible.jpg


人気blogランキングへ ランキングに参加しています。よろしくお願いします。
posted by ギターの痔瘻 at 07:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

パッチギ!を観た

井筒監督の「パッチギ!」を観ました。
母校が、撮影現場になっておりました。
懐かしい風景が見の前に飛び込んできました。
えっ! ということは何十年経っても学校が奇麗になっていないという証拠。
やっぱり、母校は素晴らしい。

060412.jpg

ケンドーコバヤシも出てるぞ。
人気blogランキングへ ランキングに参加していますので清き一票を。
トラフィックエクスチェンジEX こちらもどうぞ。
posted by ギターの痔瘻 at 06:49| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

大好きな監督は

大好きな映画監督は?

と問われれば、鈴木清順と答えるだろう。

まさに、映像の美学は死ぬまでに見ておくべきだろう。

中でも『河内カルメン』66年日活は夢幻的な清順美学を確認するにはうってつけ。

かなり小粋な映画です。
posted by ギターの痔瘻 at 18:00| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月16日

邦画を愛する

大の映画ファンの私は、いつしか邦画しか見なくなりました。
何故か、言葉が良くわかるからです。
以前に別の会社に勤めていたとき職場同僚と映画を鑑賞しました。
字幕が出る前に笑っている彼女を見て、とてつもなく恐怖を覚えたことがあります。
そのとき、必死に字幕を追う自分の小ささに嘆きいつしか洋画離れがすすんでしまいました。
周りの人間が、「ニコラス・ケイジが渋い」といっても、私は役所広司の渋さと比べれば天と地の差ぐらいだと豪語したり・・・。
邦画好きが男の中の男ではないのですが、邦画を心底愛することはいいことだ。頑張れ邦画。
posted by ギターの痔瘻 at 07:22| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

大脱走

昨日、とうとう映画、「大脱走」の鑑賞回数が300回を超えました。

自慢ではないが、ただの暇人です。

060426-01.jpg

回数を重ねれば、何かが見つかる。
posted by ギターの痔瘻 at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。